本文へ移動
インターンシップについて
 就職活動を進めるうえで、インターンシップへの参加を検討している方が多くいるのではないでしょうか。
 井木組では、2021年4月よりインターンシップを本格的に実施することになりました。
 学生のみなさんに、業務内容や会社の雰囲気等を知っていただくため、インターンシップを随時開催しております!「建設業に興味がある」「鳥取で働きたい」「街づくりに貢献したい」等々、少しでも興味があれば参加してみませんか? 
 入社後の就業イメージを少しでも沸かせていただく事や内定者同士でオフラインの交流を図っていただく事を目的として実施しています。
 ここでは、具体的な実施内容と参加した内定者の感想を一部ご紹介いたします。(内定者以外の方も参加可能です。)

※インターンシップをご希望の方は、このページの下部に申込みフォームがあります。申込みフォームよりお申し込み下さい。
■土木工事部門 施工管理技術者志望 参加者:男性1名、女性1名

研修概要感想
1日目・建設業の仕事の流れについて
・現場監督の1日の流れについて
・現場見学
・計算練習
研修初日ということもあり、少し緊張した。しっかりとこの機会を活かせるように積極的に社員さんとコミュニケーションを取ろうと思った。m,cm,mmの数字の変換が意外と難しかったので、普段から練習していきたい。
2日目・測量について
・測量(レベル)の測定
・測量(トータルステーション)の測定
・角度計算の練習
実際に測量をやってみて楽しかった。器械を設置する手順をスムーズに出来るようになりたい。また、測量の器械は精密機器なので、今後測量を行う際は、より慎重に使用しなければならないと思った。
3日目・測量の実習
・測量で得た数値をもとに計算
測量中の合図は、目上の人であれ分かりにくくなるので敬語は不要と学んだ。また、計算の復習をしっかり行い、忘れないようにしたい。
4日目・測量で得た数値をもとに横断図を作成
・ドローン操作の見学
・施工管理ソフトの実習
・CADソフトの実習
施工管理ソフトの操作に慣れるのに時間がかかった。実際に使ってみて、沢山の機能があることに驚いた。最後の方は慣れてきたので、入社後も素早く正確に使いこなせるようにしたい。
5日目・レベルの測定
・レベルの計算
・事務所見学
・写真整理について
レベルの計算がなかなか覚えられなかったので、コツコツ練習しようと思った。メモリの読み間違い誤差は数ミリしかでないことが普通と学び、誤差を少しでもなくせるよう頑張ろうと思った。
★まとめ
5日間のインターンシップでは、やること全てが知らないことばかりなので、とても勉強になり入社意欲が高まった。測量や計算の仕方など、今回学んだことは入社後、スムーズにできるように、しっかり復習を行いたい。
■建築工事部門 施工管理技術者志望 参加者:女性1名

研修概要感想
1日目・柱状改良(セメントを練って流し込む)
・施工現場見学
・施工写真閲覧
研修では、地盤の形状、木造の立ち上がった状態を見学した。基礎工事は画像でしか見ていないので、実際の様子を見たいと思った。現場の方々は、真夏日であったにも関わらず、マスク等の感染対策をしており、熱中症対策をして事故が起こらない工夫をしていた。
2日目・墨出し体験
・測量(トランシット)
・工事写真
墨出しの一連の流れを体験した。トランシット機器の三脚を基準点の垂直線上に合わせる作業に苦戦した。測量機器を用いて墨出しを行うことは大切で、重要な作業なので慎重に行いたい。
3日目・RC(鉄筋コンクリート)造の墨出し現場見学墨出しを行ったが、何本か墨を打った所でミスが見つかり、前もって準備していてもミスは起きてしまうと分かった。
4日目・住宅部門でのCADソフト実習
・住宅部門現場見学
CAD図面作成をした時、形状をよく見ずに設定したため、後で直さなければならなくなった。元の図面を確認してから設定すべきだと思った。クレバリーホームの現場見学をし、他の住宅メーカーに比べ、基礎の立上りから完成が早いと知った。
5日目・資料閲覧
・敷地に縄張り設置
・現場各所の訪問
トランシットを使う作業は何度か行っていたので、何を行っているのか理解できた。クレバリーホームの構造、工法、仕様について2日間でざっくり知ることができた。
★まとめ
5日間のインターンシップを通して、普段体験できないことができ、貴重な時間を過ごせた。建築工事部と住宅部を見学し、自分の将来像を想像することができ、入社後も頑張ろうと思った。
■住宅部門 住宅アドバイザー志望 参加者:女性1名

研修概要感想
1日目・自己紹介
・先輩社員と面談
面談の際に、どんな職場環境か?プライベートはどうか?などを学んだ。インターン期間中で、職場の皆さんと仲良くなることと、実際に来年から働くにあたって自分に合った働き方や考えを見つけたい。
2日目・モデルハウス案内
・現場見学
実際にモデルハウスに行き、クレバリーホームの特徴や営業マンのリアルな働き方について触れることができた。お客様への商品の使い方や設計士とのやり取りを聞いて、お客様と会社のためにも動かなければならない難しさを知った。
3日目・商材学習(クレバリーホーム)
・ロープレ見学
・座談会
先輩のロープレを実際に見て、お客様に寄り添える営業マンになりたいと思った。お客様の不安に寄り添うことで信頼に繋がり、お客様だけでなく自分のためになることを学んだ。
4日目・CADソフト実習
・現場見学
CADを使い、実際に建てる予定の住宅の図面を見ながらパース(住宅の立体図)を作った。他者と違い、営業マンもCADを使ったり、現場に足を運んだり出来る点は井木組さんの魅力だと思った。
5日目・縄張り
・現場見学
・モデルハウス案内
初めて縄張りをした。空地の状態から住宅のラインを引き、ここから家が建つと思うとワクワクした。モデルルームでロープレを行い、自分の足りないことが分かったので、これから沢山練習して、お客様に貢献したい。
★まとめ
この5日間を通して、クレバリーホームの知識だけでなく、井木組での働く様子や鳥取での暮らし方など、仕事のことに加えてプライベートのことまで相談にのっていただき、とても楽しかった。入社後も頑張りたい。
弊社ではインターンシップを随時、受け付けております。
インターンシップをご希望の就活生の方は、下記のフォームより申し込みをお願いいたします。
申し込み後は、弊社担当者よりご連絡させていただきます。
▼インターンシップ申込みフォーム▼
お名前 ※必須
例)山田 太郎
フリガナ ※必須
(全角カタカナ)
例)ヤマダ タロウ
電話番号 ※必須
例)012-345-6789 ※携帯電話可
メールアドレス ※必須
最終学歴 ※必須
自由記入欄(インターンシップ希望日時や希望職種等があれば記入をお願いします。)