本文へ移動
社長メッセージ
PRESIDENT MESSAGE
建設業は「地球をキャンパスに仕事をする」ダイナミックな職業です。インフラ整備という社会貢献をしていく中で大きな達成感を仲間たちと共有できる、かけがえのない仕事です。
鳥取の中小企業はあまり刺激的ではないかもしれません。
都会の大手建設会社に就職すれば、歴史に残るようなプロジェクト工事に携わることへの可能性は高い。しかし、私の経験から言って、工事規模が大きい分、ある一部分を担当するスタッフ的な仕事が主体となり、プロジェクト工事の全体像が見えにくいところがあります。
その一方、地方の建設会社で働くことはその地域で暮らす人の生活に密着した工事に携わることになります。工事完了後も携わった仕事を目にすることもでき、技術者としての充実と満足度は高くなることでしょう。

入社される皆様に求めることは第一に真摯に仕事に向かう「誠実さ」です。
井木組は「ファースト・コール・カンパニー(First Call Company)」を目指しています。これは「顧客から一番に声をかけてもらえる会社」「真っ先に頭に思い浮かぶ会社」のことです。土木でも建築でも住宅や小さなリフォームでも、建設のことであれば井木組に相談してみよう、井木組に施工してもらいたい、そう思って頂ける企業になることが目標です。 
誠実な仕事を積み重ねることがお客様の喜び、当社の信用につながり、結果として当社のファンを増やしていくことになります。

求めることの第二は挑戦する「情熱」です。過去どの時代であっても挑戦していくことで人類は進歩し、歴史が積み重なっているのであって、これは会社の歴史も同じです。 
井木組も失敗を恐れることなく、常に挑戦する企業でありたいと思っています。

過去が咲いている今。未来の蕾でいっぱいな今 (河井寛次郎)

皆さんと一緒にたくさんの花を咲かせるのを楽しみにしています。